信頼されるサイトとして

本サイトは美味しいシリカ水についてご案内しているサイトですが、
あわせて美容や健康、あるいはダイエットなどの情報も発信しております。

ネット上に氾濫している情報は玉石混交です。
フェイクの情報も、まことしやかにあふれています。

サイト運営の責任者は元銀行員です。

間違った情報を発信することは取り返しのつかないことになる可能性すらあります。
私は責任をもって情報を発信していくことをここで誓わせていただきます。

監修者情報

プロフィールイメージ画像

こんにちは、秋田秀一と申します。

約31年間銀行員として勤務。
定年退職後に第二の人生で、シリカ水という天然水・ミネラルウォーターを通販しています。

もともとは、
「水」に対しての特別な思いからスタートしたものです。

86水害イメージ画像

【1】
定年前、銀行員での現役時代に鹿児島市で100年に一度の豪雨を経験しました。

1993年(平成5年)の8月6日に起こったことから8・6水害と呼ばれました。

私は交通網がマヒしたために自宅には帰れませんでした。
鹿児島市内に宿泊したら・・・実家が床上1.5メートルの浸水被害となっていました。

実家のドロ出し、後片づけの手伝いで、家財道具や畳などを外に出して
水洗いしている時に、断水となりました。

その時・・・いやというほど・・・
水の大切さを感じることになったのです。

当たり前のように利用している水が、いかに大切なものか、
その時感じた水への思いが、水ビジネスにかかわることを決めた一つの要因でもあります。

アトピーイメージ画像

【2】
私はもともとアトピー・アレルギー体質でした。
夏場などは、首の回り、両肘の内側、両膝の内側、わき腹などがかぶれて
強く掻くと血がにじむこともあったりしました。

残念なことに・・・それが子どもにも遺伝しました。

2人の子どもたちは、身体中に発疹がでて、かゆさのために夜も満足に眠れなかった日々もあったようです。

かきむしる姿を、血がにじんだ身体を見た時や、
布団についた血のあとを見た時など、自分自身の身体・体質を恨んだりしたものでした。

シリカ水イメージ画像
今では孫もシリカ水を飲んでくれています。

いつの日か、子どもたちに、やがては生まれてくる孫たちに
美味しくて健康にいい水を飲ませてやりたい、という思いを
自然と抱くようになっていました。

これが水ビジネスへと目を向けることになった2つめの要因です。

やがて、これが実現することになります。


中小企業診断士登録証イメージ画像

元銀行員・経営コンサルタント(中小企業診断士)
秋田 秀一
AKITA SHUICHI

出生年:昭和34年生まれ
出身地:宮崎県都城市(鹿児島県育ち)

・昭和57年4月 鹿児島銀行に入行
・平成25年8月 同行を定年退職(31年間の勤務)
・平成25年9月 シリカ水という天然水(ミネラルウォーター)の販売会社スタート

プロフィール

・営業店8店舗、本部経験。営業店長経験2店舗、本部部長職後定年退職。
・日本開発銀行(現・日本政策投資銀行)出向、シンクタンク出向、民間企業出向経験あり。
・現在は経営コンサルタントと通販ビジネスの二足の草鞋で活躍中。

シリカ水イノチの水は宮崎県霧島山系北山麓の小林市で採水される、この本で紹介されている天然水になります。

藤田紘一郎先生の本、「体をつくる水、壊す水」の40~41ページに
宮崎県小林市で採水されるシリカ水についての記載があります。

国産天然シリカ水紹介本イメージ画像

著者の先生が愛飲しているのが北霧島山系のシリカ水です。

シリカ水紹介ページイメージ画像

【出典:体をつくる水、壊す水・40~41ページ(藤田紘一郎著)ワニブックス【PLUS】新書】

矢印イメージ画像

最新鋭の工場(IOS22000)でボトリングされます。

シリカ水宮崎県小林市のボトリング工場画像

矢印イメージ画像

製品化したものが「シリカ水イノチの水」です。

シリカ水イメージ画像 シリカ水イメージ画像シリカ水イメージ画像

※シリカは、ミネラルの一種で細胞壁を丈夫にしてくれる働きがあります。
お肌、髪の毛、爪、骨などにいいと言われている天然水です。

※もちろん日本国内にはたくさんの種類のシリカ水が出回っていますが、
この水はシリカの含有量が国内最高レベルの97mg/Lとなっています。

ページの先頭へ