2018年高鍋町のキャベツ畑がひまわり畑に変身! お盆前の頃にピーク、だけど花の命は短くて。

突然ですが・・・「ひまわり」「ヒマワリ」「向日葵」好きですか?
私が花の中でいちばん好きなのが、ひまわりです。

自分のイメージの中ではまさに「花」なのです。ザ・花、です。

あと(番外的な話ですが)、同じような花としてガーベラも好きです。
つくりが似ているからでしょうかね。

さて、私が住んでいる宮崎県児湯郡高鍋町では川南町との町境にキャベツ畑が広がっています。
ほぼ、一年を通してキャベツが栽培されています。

実は、そのキャベツの収穫と次なる苗の植え付けのタイミングの時に、
畑を休ませるためか(地力回復)、苗の植え付けまでのタイミング調整のためか、

純粋に植えた作物を大地に還元して、堆肥にするのか・・・

いろんな意味があるかと思いますが、毎年6月の下旬から8月の下旬にかけて
ヒマワリの種まきと育成、そして最後は(お盆過ぎに)ヒマワリを土地に
『すき込む』といった一連の作業があります。

このほぼ満開のひまわりを畑にすき込む時期が、毎年お盆前後くらいなのです。

ですから、すき込み前のタイミングのひまわり畑は壮観です。
宮崎の地においでの節はぜひ一度足を運ばれてもいいかと思います。

かなり広いです。

スポンサードリンク



混雑のピークを外せば余裕でゆっくり見れます。

当然、イベントが開催される当日は、人混みであふれかえりますし、
現地までの交通も混雑するのはやむを得ないといった状況です。

何といっても・・・
田舎の農道が少し広くなった程度の道路(片道1車線)で、歩道などのように
左右に余裕があるようなつくりにはなっていないのですから。

お薦めは夏休みの平日(イベント開催当日ではなくて)ですね。

高鍋町ひまわり畑イメージ画像

平日に行くと・・・余裕で道端に車を止めて、散策できます。(上画像参照ください)

花の命は短くて・・・各農家さんの種まきのタイミングはバラバラです。

このイベント自体は、地区のキャベツ畑農家さんがみんなで協力して行っているものです。

そもそもがキャベツの植え付け、収穫(出荷)が(すべての農家さんが)
同じ日に行われることはありません。

キャベツの苗を植えるタイミングが早かったり遅かったりします。
植えつけて天気が悪かったり、雨が多かったり・・・
生育が遅かった農家さんは他の農家さんよりも遅い出荷になったりします。

それに、少し小ぶりでも出荷する農家さんと、
出来るだけ大きく育ててから出荷しようとする農家さん、など
いろんなケースがあるはずです。

そのキャベツ収穫のタイミングと同じように、ひまわりの種まきのタイミングも
農家さんによって早い・遅いがあります。

ですから桜の花見のように、ほぼ同一地域の桜が同じタイミングで花開くのとは違って
バラつきがあります。

高鍋町ひまわり畑イメージ画像

高鍋町ひまわり畑イメージ画像

ですから、自分なりの満開を予想して見られることをお薦めします。

※他県などからの移動だと、お天気レーダーのような毎日毎日の情報が入ってきませんね。
そんな時は、私までご連絡いただけましたら(わかる範囲で)情報発信させていただきます。

ヒマワリは短日性の植物です。

太陽が出ている時間が短くなると花をつけるのです。
子孫を残すためですね。

そもそも夏至を過ぎているお盆の頃は、少しずつ陽が短くなっています。
なので成長がはやかったひまわりは、どんどん開花してしおれていきます。

ある程度はしょうがないのかも知れません。

平日だとイベント等をやっていないので、単なるドライブのひと時でのひまわり見学となってしまいますが・・・それでも平日の方がゆっくり鑑賞できます。

広いひまわり畑
高鍋町ひまわり畑イメージ画像

はっきりいって、夏場の宮崎(高鍋町)は暑いです。

ほんの少し見て回るだけで汗をかいたりもします。
何といっても、元々は畑です。
何もないところです。

畑の真ん中にクーラー付のお店屋さんがあるわけでもありません。
そこでの休憩や、ちょっとした買い物などといったこともできません。

そんな時は・・・

一本道で隣町まで約3分の物産館がお薦めです。

高鍋町ひまわり畑と物産館イメージ画像

そんなに大きい物産館ではありませんが・・・
野菜類激安、卵詰め放題もあります。

卵屋さんが運営されています。

高鍋町ひまわり畑のまとめ

平日に訪問できるのであれば、それがいちばんです。
トイレに困る、なんてこともありません。

近くのコンビニなどでトイレ休憩してから行くだけですから。

写真をとったり、散策を楽しんだり・・・
もちろんひまわりの花そのものを摘んで帰られる人もいらっしゃいます。

機会があれば、一度は見られることをお薦めします。

※高鍋町に住んでいて、川南町に仕事場がある私はほぼ毎日のように
ひまわり畑の間を走って通勤しています。

開花情報を知りたい時はどうぞ遠慮なくお問い合わせください。

ひまわり畑イメージ画像